アニメ

「君の名は。」ストーリーと感想【瀧と三葉のひたむきな想いが起こした奇跡】


\無料体験で600ポイントもらえる!
今すぐ君の名は。を観る

 

読者
読者
「君の名は。」ってどんな作品?ストーリーと感想が知りたい!
かっぱ
かっぱ
「君の名は。」は、お互いの体が入れ替わってしまう高校生二人が、運命を変えるため必死にもがく作品。あらすじから、ストーリー、感想までお伝えします!

2016年8月に公開され、日本における歴代興行収入第4位という大ヒットとなった新海誠監督の「君の名は。」

東京の都会に住む男子高校生と、飛騨地方の田舎町に住む女子高生の体が互いに入れ替わり、その先に訪れる運命を変えるため必死に行動する作品です。

私も好きで3回観ましたが、これでも少ない方ですね。

観るたび主人公二人の率直な想いに胸が熱くなります。

この記事では「君の名は。」のストーリーと感想を紹介するので、まだ観ていない方も、また観たいという方もぜひ参考にしてみてください。

鳥肌立ちっぱなしのラストシーンと観終わったあとの余韻がたまらないですよ!

なお、無料で「君の名は。」を観れる動画配信サービスは「U-NEXT」だけ。

31日間無料体験」でもらえる600ポイントを使えば今すぐ視聴可能です。

\TRY NOW!/
U-NEXTを無料体験する

かっぱ
かっぱ
無料体験中に解約すれば料金はかからない!

 

※目次ネタバレ注意

君の名は。概要とあらすじ

予告編

主な登場人物

立花 瀧(たちばな たき)ー声:神木隆之介
物語の主人公で東京都内に住む男子高校生。学校とアルバイトに明け暮れるごく普通の生活を送っているが、ある日から田舎町の女子高生三葉と体が入れ替わる日々が繰り返され苦悩する。
宮水 三葉(みやみず みつは)ー声:上白石萌音
もう一人の主人公で飛騨地方の田舎町に暮らす女子高生。窮屈な生活から抜け出して上京することに憧れている。東京のイケメン男子になりたいと願った翌朝、瀧の姿で目覚める。
宮水 四葉(みやみず よつは)ー声:谷花音
三葉の妹でしっかりした性格。日によって違う姉の態度を不審がる。
宮水 一葉(みやみず ひとは)ー声:市原悦子
三葉の祖母にして宮水神社の神主。娘婿の俊樹が出ていった後、孫の三葉と四葉を我が子同然に育てている。
宮水 俊樹(みやみず としき)ー声:てらそままさき
三葉の父親で糸守町の町長。一葉と喧嘩別れした後は三葉たちと別々に暮らしている。

「君の名は。」は、「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」で知られる新海誠監督の最新作にして最高傑作。

日本における歴代興行収入ランキングでは、「千と千尋の神隠し」、「タイタニック」、「アナと雪の女王」に次ぐ第4位の250億円超となりました。

物語の序盤は離れて暮らす瀧と三葉が入れ替わるという、どこか恥ずかしいような青春の日々が描かれますが、途中で衝撃の事実が明らかになってからは二人の必死な想いにグッと引き込まれます。

スピード感あふれる展開と、瀧と三葉が互いにもがき苦しむ率直さが印象的。

そして主題歌を担当したRADWINPSの音楽が、それらに見事に重なりあって、夏の美しいひとときを彩ります。

\TRY NOW!/
>>U-NEXTで君の名は。を観る

かっぱ
かっぱ
無料体験中に解約すれば料金はかからない!

 

※以降ネタバレあり

君の名は。ストーリー

君の名は。オープニング

あの日、星が降った日。
それはまるで、まるで、夢の景色のように
ただひたすらに、美しい眺めだった。

瀧と三葉の出会い

出典:http://realsound.jp/

飛騨地方の小さな田舎、糸守町で女子高生の三葉は窮屈な生活を送っていた。

町長の父親とは仲が悪く、古来から伝わる祭りの風習に対しても憂鬱になり、東京に強い憧れを持つ毎日。

咀嚼した米を酒に混ぜ自然発酵させて作るお神酒「口噛み酒」の儀式を終えた三葉は、たまらなくなり町に向かって叫ぶ。

「もうこんな人生嫌や~!来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!」

翌朝目が覚めると、驚くべきことに東京の都心に住む男子高校生、瀧の姿になっていた。

夢の中で憧れの東京を満喫していると思い込む三葉。男友達の司(つかさ)たちとオシャレカフェや、イタリアンレストランのアルバイトで充実した日々を楽しむ。

一方、父親と住む東京都心のアパートで目覚めた瀧は、自分の手のひらに「みつは」と書いてあり違和感を覚える。

さらにスマホには絵文字だらけの「東京生活日記」、そしてアルバイト先では片思いの奥寺先輩と何やら親密になっている様子。

時を同じくして、昨日は別人みたいな態度だったと同級生の勅使河原(てしがわら)と早耶香(さやか)に言われる三葉。

二人は気づく。夢の中でお互いの体が入れ替わってしまっていることに。

「私、夢の中であの男の子と」

「俺は夢の中であの女と」

「入れ替わってる!?」

お互いの存在を認識した瀧と三葉は、それぞれの生活を壊さないようルールを設け、入れ替わってしまう原因がわかるまで普段通りの行動に努めることに。

宮水神社の御神体

出典:https://www.amazon.co.jp/

三葉の体になった日、瀧は一葉、四葉と共に、山奥にある宮水神社の御神体を訪れる。

三葉が作った口噛み酒は、一葉いわく「三葉の半分」。

その口噛み酒を御神体にお供えし、夕方から夜に差し掛かった「かたわれ時」、彗星が見える方角を瀧はじっと見つめる。

その時、一葉が瀧に投げかける。

「おや?三葉、あんた今夢を見とるな?」

そう言われてハッとした瞬間、瀧は自分の姿で目を覚ます。

三葉の死

瀧は、三葉が勝手に組んだ奥寺先輩とのデートを終えた後、散々な結果を伝えようとするが、なぜかそれ以来二人の入れ替わりは起きなかった。

「あいつに会ってみたかった」

ついに三葉に会いにゆく決心をした瀧。

記憶を描いたスケッチブックだけを頼りにして。

聞き込みを重ねようやく糸守町を訪ねるが、そこに広がっていたのは、無残にも災害の跡地だけだった。

3年前、地球に大接近した彗星が割れ、隕石が糸守町を直撃。

ちょうど秋祭りに出掛けていた三葉が亡くなっていたことを知り、瀧は絶望する。

「俺は、何を…」

瀧による糸守救出作戦

大雨の中、瀧は再び宮水神社の御神体を訪れ、3年前に自ら奉納した「三葉の半分」を口にする。

すると三葉の今までの記憶が一気に映し出され、三葉の姿で目覚める。

隕石が糸守に落ちた当日の朝に。

三葉の親友、勅使河原と早耶香と共に、瀧は町を救う作戦を立てる。

そして前の日に三葉が自分に会いにきたことを知り、御神体のある山の方を見つめる。

「そこに、いるのか…」

その場で瀧の体になっている三葉のもとへ急いで向かうことに。

瀧は悟る。以前東京にいる自分に会いにきた見知らぬ女子高生が三葉だったことを。

「3年前、お前はあの時、俺に会いにきたんだ!」

かたわれ時の奇跡

夕方から夜に差し掛かった「かたわれ時」、瀧と三葉はそれぞれの姿で初めて出会う。

「なぁ三葉、目が覚めても忘れないようにさ、名前書いとこうぜ」

しかし、瀧が三葉の手のひらに文字を書いた後、三葉が瀧の手に名前を書く前、「かたわれ時」は終わりお互いの姿が見えなくなってしまう。

「君の名前は三葉。大丈夫覚えてる。三葉、三葉、みつは。名前は三葉。君の名前は!……お前は、誰だ、、、」

「誰に会いに来た、大事な人、忘れたくない人、忘れちゃだめな人、誰だ、誰だ。だれだ、だれだ。名前は!!」

瀧は三葉の名前を忘れてしまう。

そして町の人々の避難に走る三葉も、だんだんと記憶が薄れてゆく。

「あの人はだれ、忘れちゃだめなひと、忘れたくなかったひと、だれ、だれ、だれ、きみはだれ、君の名前は!」

三葉は、自分の手のひらに瀧が名前を書いたことを思い出す。

そこに書いてあったのは、

「好きだ」

「これじゃ、名前、わかんないよ…」

三葉は糸守の人々を避難させるため、町長である父親のもとへ走る。

ラストシーン

「ずっと何かを探している、いつからか、そんな気持ちにとりつかれている」

どこかにそんな気持ちを抱えながら、時は流れ、就活に明け暮れる瀧。

彗星の片割れが糸守町を直撃した大災害は、奇跡的に最小限の被害で済んでいた。

「今はもうない町の風景に、なぜこれほど、心を締め付けられるのだろう」

さらに時は流れ、普段通り会社に向かう瀧。

すると偶然にも、すれ違う電車の中から記憶に留まる女性の姿を見つけて思い出す。

三葉も同じように、自分を見つめて動揺する男性の姿を見て記憶を呼び覚ます。

ずっと誰かを探していた。

隣駅で降り、お互いを必死で探す瀧と三葉。

そしてついに対面した二人。でも何かの思い違いかもしれない。

ぎこちなく階段をすれ違う。

それでも瀧は振り向いた。

 

「あの!俺、君をどこかで!」

 

大粒の涙を流した三葉が言う。

「私も」

 

瀧もはばからず泣いていた。

そしてお互いに投げかけあう。

 

「君の、名前は!…」

 

出典:http://www.kiminona.com/

君の名は。感想

瀧と三葉のやりとりがスピード感たっぷり

物語の序盤、遠く離れた場所でそれぞれの生活を送る瀧と三葉。

決して出会うはずのなかった二人が自分の体を通して対面するという設定は、新鮮で面白いですね。

そこから現実に起こっていることだと気づき二人は困惑しますが、何とか協力して不可解な現象を乗り込えようとします。

この瀧と三葉のやりとりがスピード感抜群!

思春期の男子高校生と女子高生が、気に食わないことを言い争ったと思えば、三葉が瀧と奥寺先輩とのデートをこぎつけるというお節介まで飛び出します。

純粋でただ前を向く二人の姿は、観ていて爽やかそのもの。

主題歌を担当したRADWIMPSの音楽も相まって疾走感が気持ちいいです。

三葉の死で明らかとなる時間のずれにドキッとする

物語の核となる設定の「時間のずれ」は、瀧が糸守町を訪れたときに発覚します。

それまでの和やかな雰囲気から一変、糸守の消滅と三葉の死という事実に思わずドキッとしてしまいました。

場所が離れているだけでなく、3年という時間も離れているとわかったとき、それまでのモヤモヤが少しずつ紐解かれていきます。

このダイナミックな展開は、最後まで観る人を引き付ける大きな要素です。

かたわれ時の再会が神秘的で美しい

全編を通して一番の見どころと言っても過言ではない、かたわれ時の瀧と三葉の会話。

それまでずっと会いたかった二人が、ようやく自分たちの姿で再会します。

黄昏時、山の上からの風景が神秘的で美しいのに、瀧と三葉の会話は他愛もないことばかり。たくさん話したいことがあって止まる気配がありません。

でも「かたわれ時」は一瞬。お互いの手のひらに名前を書いている最中、またしても瀧と三葉は遠ざかってしまいます。

やっと会えたからこそ名前を決して忘れたくない二人。

でもやがて夢のように記憶が薄れていってしまいます。

三葉が見つめる手のひらには、瀧が書いた「好きだ」の三文字だけ。もう鳥肌たちっぱなしですね。

瀧くんロマンチックすぎ。ずるいです。

あまりにも神秘的で美しい風景と、瀧と三葉のあふれ出る会話は、対比が効いていて素晴らしい。

今までのストーリー展開が、全てこのシーンに向かっていたと思わせてくれるハイライトです。

ラストシーンの描き方が見事

「君の名は。」のラストシーンでも、新海誠監督らしさが存分に出ています。

代表作「秒速5センチメートル」と同じように、焦らされて焦らされてついにラストシーンが訪れるのです。

大災害から何年も時が流れても、どこか何かを探し続けている瀧と三葉。

それが場所なのか、人なのかすらはっきりしないけど、いつかは見つけて思い出したい大切な記憶。

二人が想い続けてきたからこそ、1日に何万人もの人であふれる東京のある一か所で再会することができます。

「もし違っていたら」という考えのせいで、一度階段をすれ違うところが個人的に大好きです。

そのまま瀧くんが言い出せなかったら、二度と会うことはできなかったでしょう。

思い切って振り向き声をかけるわけですね。

「あの!」って。

二人が流す大粒の嬉し涙から、何年も待ち望んでいた瞬間だということが痛いほどわかります。

何度も繰り返し観たくなる、秀逸なラストシーンですね。

ハッピーエンドは本当に素晴らしい。

\今なら600ポイントもらえる!/
>>U-NEXTで君の名は。を観る

君の名は。評判

君の名は。総評

出典:http://www.hamanoyu.co.jp/

「君の名は。」は紛れもなく新海誠監督の最高傑作です。

ダイナミックなストーリー展開、設定の緻密さ、映像の美しさなど、大ヒットするのは当然と思うほど、素晴らしい映画です。

特に主人公と同世代の高校生から、20代・30代くらいまでの方にはクリティカルヒットではないでしょうか。

劇中で何度も鳥肌が立ってしまいますよ。

瀧と三葉の純粋でひたむきな想いにぜひ寄り添ってみてください。

\TRY NOW!/
>>U-NEXTを無料体験する

※無料体験中に解約すれば料金は一切かかりません

U-NEXTの無料体験登録手順

かっぱ
かっぱ
無料体験は3分もあれば簡単に登録できます!

まず、U-NEXTにアクセスして、赤枠で囲った「まずは31日間無料体験」をクリックします。

f:id:wagner1813:20180707171704p:plain

次に必要事項を入力して、確認のうえ完了すればおしまい。

簡単ですね!

f:id:wagner1813:20180707171723p:plain f:id:wagner1813:20180707171733p:plain

無料体験の期間内に解約すれば、一切料金はかかりません。

解約も簡単にできます。

f:id:wagner1813:20180707172206p:plain

U-NEXTは話題の新作映画も目白押しなので、自分好みの作品があるか試しにチェックしてみてください!

f:id:wagner1813:20180707172343p:plain

\TRY NOW/
>>U-NEXTを無料体験する

 

※本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。