オーディオ

オーディオに97万円つぎ込んだ私がオススメする予算1万円の最強コスパイヤホン3選!

f:id:wagner1813:20180522164038p:plain

イヤホンに1万円出したらどんな音がするんだろう?

こんにちは、かっぱ(@hiroeverything)です!

私はタイトルの通り、イヤホンをはじめとしたオーディオ機器にこれまで合計97万円ほどつぎ込んできました(笑)。

↓ その黒歴史はこちら

今はオーディオ沼をようやく抜け出せたわけでありますが、先日久しぶりにイヤホン専門店で試聴してみると低価格帯のイヤホンでも音が良いじゃありませんか!!

ということで今回は「音楽をもっと良い音で聴いてみたい」という方に向けて、予算1万円で選ぶ超オススメの高音質イヤホンを紹介します!

1万円のイヤホンは高いと感じるかもしれませんが、おそらくコイツを聴けば世界が変わると思います。

是非最後までご覧ください!

イヤホンの選び方

「イヤホン」と一口に言っても下記の違いによってカテゴリー分けされます。

カテゴリ分け
・イヤホンの形状

・ドライバー

はじめにそれぞれの違いについて簡単にお話しします。

イヤホンの形状

イヤホンの形状は「インナーイヤー型」「カナル型」に分けられます。

インナーイヤー型

f:id:wagner1813:20180522170757j:plain

出典:APPBANK http://www.appbank.net/

「インナーイヤー型」のイヤホンは、iPhoneの純正イヤホンのように本体を耳に軽く入れフィットさせて聴くものです。

耳に軽く乗せるように装着するため開放的なサウンドを聴くことができ、長時間使用していても疲れにくいのが特徴です。

しかしその反面、音漏れがしやすかったり低音域が薄かったりするデメリットが挙げられます。音質的にはあまり有利ではありません。

カナル型

f:id:wagner1813:20180522172133j:plain

出典:ASCⅡ.jp http://ascii.jp/

「カナル型」のイヤホンは「イヤーピース」と呼ばれる耳栓のようなものが本体の先端に付いており、耳穴に押し込むようにして装着します。

イヤーピースでフタをする状態になるため、低音域がしっかり聴き取れて音楽の繊細な描写が可能になります。またインナーイヤー型と比べると音漏れもしにくいのが特徴です。

デメリットはというと、人によってはイヤーピース独特の閉塞感を感じることです。

ただ、最初は閉塞感が気になった私もすぐに慣れて、音質の良さからカナル型イヤホンを手放せなくなりました。

世の中の高音質イヤホンはほとんどがカナル型ですし、今回オススメするイヤホンも全てカナル型です。音質を優先するならばカナル型が圧倒的に有利なのです。

ドライバー

イヤホンのドライバーには大きく分けて「ダイナミック型」「バランスドアーマチュア型」の2種類があります。

最近は両者を掛け合わせた「ハイブリッド型」のイヤホンも増えてきたので、選択肢は数年前に比べてかなり豊富です。

ダイナミック型

「ダイナミック型」のイヤホンは、磁界の中のコイルに信号を流し振動板に伝えることで音を発生させる仕組みです。簡単に言うとスピーカーを超小型にした感じでしょうか。

一般的にダイナミック型のイヤホンは音の空間が広い特徴があります。例えばクラシックのオーケストラではホールの空間の広さが感じられ、聴いていて気持ちがいいです。

デメリットは解像度(楽器ごとが分離して聴き取れるか)についてバランスドアーマチュア型に劣る点です。見晴らしの良い音楽表現は得意ですが、楽器の緻密なディティール描写はやや苦手です。

バランスドアーマチュア型

f:id:wagner1813:20180522180405j:plain

出典:LABI final http://snext-final.com/

「バランスドアーマチュア型」のイヤホン本体には写真のように小さな金属の箱(ドライバーユニット)が入っており、この箱の中で磁石、アーマチュア、コイル、振動板などの細かな部品を使い音を発生させています。

ダイナミック型がシンプルな構造なのに対し、バランスドアーマチュア型は超小型の精密機器を使ってイヤホンを鳴らしていると表現できます。

バランスドアーマチュア型は複雑な構造ゆえ、解像度が高く楽器のディティール描写が得意です。良いプレイヤーと組み合わせれば、この上ない緻密な音楽表現が期待できます。

デメリットはダイナミック型よりも空間の広さが狭まる傾向にあることと、精密機器のためイヤホンの値段が高くなりやすいことです。

聴くジャンルや好みによって「ダイナミック型」、「バランスドアーマチュア型」、「ハイブリッド型」を使い分けるのも楽しいと思います。

予算1万円の最強コスパイヤホン3選

早速イヤホンを紹介!の前に、私が試聴した日時と使用プレイヤー、使用音源について明記しておきます。

・試聴日時:2018年5月20日

・使用プレイヤー:SONY ウォークマン NW-F886

f:id:wagner1813:20180522215550j:plain

・使用音源:ベートーヴェン交響曲第8番/ラトル・BPO(クラシック)、X JAPAN Rusty Nail(ロック)、ノラ・ジョーンズ Don’t Know Why(ジャズ・女性ボーカル)

1時間半ほどでイヤホンを20本近く試聴し、今から紹介する3本に絞りました。

それではいきましょう!

※予算1万円を用意したが、2000円くらいオーバーしてしまったという想定でご覧ください(笑)。

SHURE SE215SPE-A Special Edition

f:id:wagner1813:20180522223030j:plain

はじめにオススメするのは、世界的に有名なイヤホンブランドSHURE(シュア)のSE215SPE-A Special Edition です!

イヤホンの形状はカナル型でドライバーはダイナミック型となります。

低音域がよく鳴るパワフルな音。低音のボリュームが単に多いわけではなく質感も良いです。

オーケストラではホールの響きが上手に再現されています。弦楽器、管楽器ともにホールで聴いているかのような立体感。

ロックは低音域寄りのため迫力に凄みを感じます。ボーカルの中低域の充実感もはっきりわかり素晴らしい。

ジャズではウッドベースのピッチカート(指で弦をはじく奏法)が質感高く再現されています。またボーカルの声の張りも聴いていて気持ちがいいです。

オールジャンル対応できる優秀モデル。

フィット感

SE215SPE-A Special Editionは「シュア掛け」と呼ばれる装着方法を採用しており、下の写真のように耳の上からケーブルをかけて装着します。

f:id:wagner1813:20180523103319j:plain

「シュア掛け」は歩いている時に感じる雑音(タッチノイズ)の軽減に有効で、昨今の高級イヤホンはこの「シュア掛け」が主流になっています。

最初は耳元が気になるかもしれませんが慣れてしまえば問題ないと思います。

またSE215SPE-A Special Editionは耳掛け部分に形状記憶のための針金が入っているため、自分の耳に合わせて固定することが可能です。

その他の情報

SE215SPE-A Special Edition は下の写真のようにイヤホン本体とケーブルの接続部分を切り離すことができます。切り離すことをイヤホン界では「リケーブル」と言います。

f:id:wagner1813:20180522230300j:plain

そのため、万が一ケーブルが断線した場合にケーブルだけ購入すれば元通りに聴けますし、より高音質のケーブルに交換して自分好みの音に調整することもできます。

SE215SPE-A Special Editionは、SHUREの人気モデルであり交換ケーブルの種類も豊富です。

SE215SPE-A Special Edition は 複数ジャンル聴く、低音強めが好き、音をカスタマイズしたい、という方に超オススメのイヤホンです!!

RHA MA750

f:id:wagner1813:20180523094051j:plain

次に紹介するのは、イギリスブランドのRHAよりMA750です!

ステンレス削り出しなので高級感がありますね。

イヤホンの形状はカナル型でドライバーはダイナミック型となります。

解像度の高さと絶妙な空気感が感じられ、見晴らしの良い気持ちのいい音。傾向としては高音域寄りで高音が非常によく伸びます。

オーケストラは弦楽器の弓が弦を擦る音や管楽器の吹き出しがはっきりとわかるほどの質感。ホールの見晴らしも良いため聴いていて爽快です。

ロックはボーカルの声の張り、高音の伸びが素晴らしいです。各楽器の質感描写も良くバンド全体のバランスが絶品。ハイハットが若干刺さるかもしれませんが、好みの範囲内ですので問題ないかと思います。

ジャズにおいても見晴らしの良いサウンドは健在。ライブハウスの箱物的な響きが好きな方は違う選択になるかと思います。

フィット感

装着方法はシュア掛け

イヤホン本体のノズル先端が細くなっているため耳の奥まで入りやすくフィット感は非常に良いです。耳掛け部分は形状記憶ではなくケーブルのみ。

その他の情報

イヤホン本体とケーブルの着脱ができずリケーブルは不可
また本体はステンレス素材ですが重さは特に感じず、快適に音楽を楽しめました。

RHA MA750 は、とにかく見晴らしの良いサウンドを楽しみたい方、高音の伸びを体感したい方に超オススメのイヤホンです!!

intime(アンティーム) 轟

f:id:wagner1813:20180523102121j:plain

最後に紹介するのはintime(アンティーム)という先進気鋭メーカーが開発した「轟(ごう)」というイヤホンです。

キャッチコピーは「スマホで鳴らせるイヤホンの最高峰」

イヤホンの形状はカナル型でドライバーはハイブリッド型となります。

同じメーカーより「煌(きら)」というイヤホンも人気みたいでしたが、個人的には「轟」の方が遥かに良かったです。

「煌」が高音寄りなのに対し「轟」は低音寄りのチューニング
煌は高音がかなり刺さり、オーケストラの音が機械的な印象でした。
それに対し轟は低音寄りながら、1つ目に紹介したSE215SPE-Aと同じく曇りのない透明感のあるサウンド。試聴した限りどのジャンルでも上手に鳴りました。

オーケストラは全体の響きも各楽器の質感もシンプルかつ綺麗に鳴らします。

ロックは特にベースの質感が素晴らしく、躍動感あふれるサウンドは聴いていて高揚感があります。ボーカルの声の張りも気持ちがいい。

ジャズも同じく各楽器の質感や空気感が良く、楽器の分離もはっきりするためスッキリした音作り。

フィット感

形状上「シュア掛け」でなくても装着できるので、「シュア掛け」に抵抗がありそうな方でも安心です。しっかりと耳に装着でき快適です。

その他の情報

SE215SPE-A Special Editionと同じく「リケーブル」が可能。お好みのサウンドにカスタマイズできるのは楽しいですね。

またケーブルが少し太いので耐久性も十分な印象です。

intime(アンティーム)の「轟」は、低音寄りでもスッキリとした音が好みの方、複数ジャンルをシンプルに聴きたい方に超オススメのイヤホンです!!

まとめ

以上、オーディオに97万円つぎ込んだ私がオススメする予算1万円の最強コスパイヤホン3選を紹介しました。

ご自分に合いそうなイヤホンは見つかりましたでしょうか?

今回紹介したイヤホンならどれを選んでも満足できる素晴らしい製品なので、「少しでも良い音」に興味のある方は是非使ってみてください!

最後までご覧頂きありがとうございました。