名探偵コナン

名探偵コナン「ゼロの執行人」のストーリーと感想【安室透に男でも惚れる】

ゼロの執行人
\名探偵コナンが見放題!/
Huluを無料体験する

読者
読者
「ゼロの執行人」ってどんな作品?
かっぱ
かっぱ
公安警察の安室透がコナンの前に立ちはだかります。とにかく安室透がカッコいい…

こんにちは、小学生の頃からコナン大好きカッパです。

この記事では、「ゼロの執行人(2018年公開)」のストーリーと感想をお伝えします。

東京サミット開催前に突如発生した爆破テロ。その現場には安室透の姿が。

日本中の女性(男性)を虜にした安室透大活躍の傑作です。

それでは早速いきましょう。

関連記事:>>名探偵コナン全22作品映画ランキング!最も面白い劇場版はコレだ!

ゼロの執行人 あらすじ

安室透…警察庁警備局警備企画課(通称ゼロ)に所属する公安警察官。本名は降谷零。黒の組織にも潜入しておりコードネームはバーボン。表の顔は私立探偵であり、喫茶ポアロでアルバイトをしている。

5月1日の東京サミット開催に向けてオープンする統合型リゾート施設「エッジオブオーシャン」では、警察官による厳重な警備が敷かれていた。

そのとき、突如として大規模な爆発が起こり、あたりは火の海と化す。

爆発の映像を観て異変に気づいた灰原はコナンに告げる。

「一瞬だったし、見間違いかもしれないけど、あの人が、ポアロで働いてる…たしか名前は安室透だったかしら」

一方警視庁ではすぐに捜査が始まり一度は事故として処理されようとしたが、そこに公安警察所属の風見裕也が現れ、現場に残っていた指紋を提出する。

その指紋はなんと毛利小五郎のもので、数々の動かぬ証拠から逮捕されてしまう。

新一に助けを求める蘭。コナンも焦りを募らせる。

コナンが事務所を飛び出したとき、ポアロから出てくる一人の男が。

それはまさしく事件現場に居合わせた安室透だった。

ゼロの執行人 ストーリー

公安的配慮

警視庁
公安がテロの可能性を察知し、事故で処理される前に容疑者をでっちあげたと主張するコナン。

「なんでこんなことするんだ!」

「僕には命に換えても守らなくてはならないものがあるからさ。」

一方阿笠博士と灰原は、爆発の原因となった発火物が「IoT圧力ポット」であることを特定する。しかしコナンは事件解明に直接結びつくものではないと冷静さを失う。

送検される小五郎の弁護を担当することになったのは、橘境子というフリーの弁護士。

対する検察側の担当検事は、負け知らずと言われる日下部誠で、不安を募らせる蘭とコナンであった。

白鳥刑事より小五郎が起訴される見込みだと聞いた橘は、公安的配慮が働いていると推測する。

普段は検察に監督される立場の警察だが、公安警察に限っては検察も歯が立たないとコナンたちに説明。

コナンは橘境子の素振りを見て、勝たせる気がないと不信感を抱く。

安室の知られざる過去

裁判の日取りを決める公判前整理手続きに出向いたコナンたち。

手続き後、コナンが風見に仕掛けた盗聴器から聞き覚えのある着メロが聞こえてくる。

それは橘境子の携帯のもので、コナンは二人に何らかの関係性があるのか疑問視する。

一方警視庁の捜査では、爆発現場のガス栓の遠隔操作に「Nor(ノーア)」と呼ばれるシステムが使われていたことを特定。

しかしNorは複数のコンピューターを経由して標的に侵入するソフトで、発信元の追跡は困難な状況であった。

風見の説明を盗聴していたコナンの元に安室透が現れる。

「毛利小五郎のこととなると君は一生懸命だね。それとも蘭姉ちゃんのためかな?」

安室が去った後、風見が口を開く。

「君の言う安室という男は、人殺しだ…」

1年前、拘置所にいる取り調べ相手を自殺に追い込んだ過去が安室にはあった。

IoTテロの発生

都内各地で電化製品が謎の発火を繰り返すIoTテロが発生。街中は混乱に包まれる。

一方警察の捜査では、小五郎のパソコンが中継点に使われていたことがわかり不起訴に。

安堵の表情を見せる蘭やコナンたち。

そこへ橘境子が現れ、1年前に拘置所で自殺したのは羽場二三一という親しい間柄の事務員だったことを告白する。

犯人の正体

一連のIoTテロと1年前に起こったNAZ不正アクセス事件の関連性を見抜いたコナンは犯人を断定。安室と共に東京拘置所へ急ぐ。

一方、蘭たちは小五郎を迎えに行くが警視庁は停電によって暗闇に包まれる。

そして、この日宇宙から帰還する衛星「はくちょう」の制御ができず、警視庁周辺に落下するという警告が。

黒田管理官主導のもと、警視庁の職員と周辺住民はエッジオブオーシャンのカジノタワーへと避難を始める。

東京拘置所に到着し犯人に詰め寄るコナンと安室。

その正体は日下部検事だった。

動機は検察の正義を全うするため公安警察の威信を失墜させること。

日下部の協力者であった羽場二三一の復讐も込められていた。

しかし羽場が安室の監視下で生きていて、そのことを知った日下部は「はくちょう」の制御コードを伝える。

だが通信状態の不具合で衛星はいまだ制御できない。

コナンの判断のもと、安室が至急集めた爆薬と少年探偵団たちが操るドローンで、「はくちょう」を強引に制御し難を逃れることに成功する。

そしてその場に現れた橘境子が公安警察の協力者だったことも判明し、事件は終わりかと思われた…

ラストシーン

「はくちょう」を爆破させたことにより、衛星のカプセルがエッジオブオーシャンのカジノタワーに落下するとの連絡を受けた安室とコナン。

安室はコナンを車に乗せ、エッジオブオーシャン近くのビルへと急行する。

「前から聞きたかったんだけと、安室さんて彼女いるの?」

「僕の恋人は、この国さ。」

ビルから飛び出しコナンの力でカプセルの落下をずらすことに成功。

小五郎を容疑者に仕立てたのは、コナンの本気を出させるためとわかり幕は閉じる。

ゼロの執行人 感想

とにかく安室透がカッコいい

「ゼロの執行人」を一言で表すと、ただただ安室透がカッコいいという表現に尽きます。

序盤にポアロの前でコナンと対峙する安室さんは真実を隠している様子。

コナンの言う通り「今回の安室さんは敵かもしれない」というのがよくわかりますね。

そこから物語は急展開を見せ、1番の見どころは何といってもラストシーン。

正面から向かってくる列車に対し猛スピードで車を走らせる安室さんの表情!

何とも形容しがたい安室さんの必死さはリピート再生必至。

もう男でも惚れます。

あとは最後コナンを脇に抱えビルに着地するシーン。

空中で銃を撃ちまくりガラスを割ろうとするときの安室さんの表情!

カッコよすぎてもうだめですね(笑)。

「ゼロの執行人」は安室透の独壇場。

ストーリーは少し難しい

一方本編のストーリーはというと、警察や検察特有の専門用語が飛び交うので少し理解が大変という印象です。

用語の意味自体は難しくないんですが、ストーリーと並行して語られるとなかなか頭に入ってこない感じ。

小学生などの子どもは多分1回観ただけではわからないと思います。

ストーリーで最後まで腑に落ちないのは、小五郎が容疑者になる点。

逮捕→送検→起訴されるかも、という展開が早すぎて違和感がありますし、様々な登場人物の口から「送検」という言葉が放たれるのは少し滑稽にも思えます。

「絶対に違う」というのが100パーセントわかっているので、物語中盤までの緊迫感が犠牲になってしまいました。

それでも事件に公安警察を絡めたのは面白いですし、クライマックスが圧巻なので近年の劇場版の中でも傑作であることは間違いありません。

関連記事:>>名探偵コナン全22作品映画ランキング!最も面白い劇場版はコレだ!

名探偵コナンが今なら見放題

毎年恒例の劇場版配信は終了してしまいましたが、日テレと提携している「Hulu」なら、名探偵コナンTVアニメが過去800話以上見放題です!

安室透の登場回もすべて観れますよ!

2週間無料体験」もできるのでお気軽に試してみてください。

ポイント

・月額933円で5万本以上が見放題
・コナンTVシリーズも見放題
・2週間の無料体験ができる

\TRY NOW/
Huluを無料体験する

かっぱ
かっぱ
無料体験中に解約すれば料金は一切かからない!

関連記事:>>Huluの総合レビュー。料金やスペックを他社と比較して解説!

 

 

※上記配信情報は2018年10月現在のものです。配信終了している場合もあるので詳しくはHulu公式サイトにてご確認ください。