アニメ

「もののけ姫」のストーリーと感想【アシタカとサンに象徴される共存の道】

もののけ姫
無料でジブリのDVDをレンタルする

読者
読者
「もののけ姫」ってどんな作品?

こんにちは、ジブリ大好きかっぱです。

この記事では、宮崎駿監督の代表作「もののけ姫(1997年公開)」のストーリーと感想をお伝えします。

もののけ姫は、少年アシタカが右腕の呪いに向き合うため旅に出る物語。

山犬に育てられた人間の娘サンとの絆、人間と森との争いなどメッセージ性の強い傑作です。

それでは早速行きましょう。

関連記事:>>ジブリ映画ランキング!最高に素敵な作品はコレだ!

もののけ姫 あらすじ

中世の日本。エミシの村に住む少年アシタカは、タタリ神と呼ばれる憎しみの化け物に憑依されたイノシシを勇敢にも退治する。

しかしその時に受けた右腕の呪いにより、アシタカの体はむしばまれていた。

自分自身にかけられた呪いに向き合うため、イノシシが来た西の地へ旅に出る。

道中出会った謎の男ジコ坊から、遥か西にシシ神の宿る深い森があることを聞きさらに進むアシタカ。

山中の川沿いで倒れている男たちを見つけたアシタカは、山犬に乗った少女を目撃する。

「我が名はアシタカ!東の果てよりこの地へ来た。そなたたちはシシ神の森に住むと聞く古い守か!」

「去れ!」

アシタカは男たちを助け、鉄を精製する村「タタラ場」にたどり着く。

もののけ姫 ストーリー

タタラ場での争い

タタラ場を率いる女性エボシは住人たちに石火矢と呼ばれる鉄砲を作らせ、もののけや地侍たちから村を守っていた。

自分を襲ったイノシシに鉄のつぶてを放ったのがエボシであると知ったアシタカは、これ以上人間と森との間に憎しみを広げないよう忠告する。

ちょうどそのときエボシを狙ったもののけが村に侵入。

もののけの正体は、山犬に育てられた人間の娘サンだった。

アシタカが川で出会った少女そのものである。

エボシとサンとの仲裁に入ったアシタカはサンを連れ村を去るが、サンを恨む村の女性によって体を撃ち抜かれてしまう。

アシタカを生かすサン

人間を恨みアシタカを殺そうするサン。

しかしアシタカから言われた言葉に動揺し思いとどまる。

「生きろ…そなたは美しい。」

サンはアシタカをシシ神のもとへと連れていく。するとシシ神はアシタカの傷を癒し、サンもアシタカを生かすと決める。

アシタカに食べ物を与え、少しずつ心を許してゆくサンだった。

シシ神の首を狙うエボシ

一方タタラ場にはジコ坊率いる装束の男たちが集まり、エボシと共にシシ神の首を取ろうと画策していた。

不老不死の力が宿るシシ神の首を欲するジコ坊と、森を切り拓きたいエボシとの間で意見が一致したのである。

しかしエボシと男たちの留守を狙って、タタラ場は地侍たちに襲われてしまう。

その状況を見てエボシに伝えようと森へ進むアシタカ。さらに、イノシシと人間との戦いに加勢したサンを追う。

シシ神の住む地にたどり着いたアシタカ。だがその場には人間との戦に敗れタタリ神に憑りつかれそうになるサンの姿があった。

アシタカはサンを助け出そうと必死にもがく。

そこにシシ神が現れ、タタリ神もろともイノシシたちの生気を吸い取ってしまう。

サンを救ったアシタカのそばで、首を獲ろうとするエボシ。

石火矢が放たれついにシシ神は首を失う。

人間と森の再出発

首を失ったシシ神の体からは薄黒い液体が飛び出しあたり一面を覆い出す。そのどろどろに触れた植物、動物、人間たちは命を吸い取られることに。

どろどろはタタラ場にまで迫り、アシタカはシシ神の首を返そうとジコ坊たちを追う。

ようやく首を取り返したアシタカとサンは、シシ神の体に高く掲げる。

首が戻ったシシ神だが、朝日を浴びるとそのまま倒れ消えてしまった。

そして森には新たな緑が芽生え始める。

いまだ人間を許せないというサン。

そんなサンにアシタカは人間と森とが共存する道を探そうと語りかける。

二人は再会を約束し幕は閉じる。

もののけ姫 感想

勇敢なアシタカが何度観てもかっこいい

ジブリ作品のなかでも屈指の人気を誇るアシタカ。

物語はじめからその勇敢さは村の女性たちを魅了し、道中タタラ場の者をも惹きつけます。

もちろん容姿がかっこいいというのもありますが、行動力と思いやり、そして自己犠牲の精神がひしひしと伝わってきます。

懐の広さもあり、男女問わず村の全員から慕われる強さに改めて引き込まれました。

人間と森との共存というメッセージ性

「もののけ姫」は数あるジブリ作品のなかでも、ひときわメッセージ性の強い映画だと感じます。

アシタカとサンをモチーフにした人間と森の争い。

また憎しみの形が、「タタリ神」や血にまみれたイノシシたちの姿で生々しく描かれています。

そこにアシタカとサンが共に生きることで一筋の光を指すわけですね。

過去の恨みや争いの歴史が完全になくなることはなくても、お互いを尊重し時には手を取り合う共存の姿がメッセージとして強く表われていました。

「もののけ姫」は紛れもなく宮崎駿監督の傑作です。

ジブリ映画はTSUTAYA DISCASで借り放題!

ジブリ 作品一覧ジブリ映画を無料で観るなら、「TSUTAYA DISCAS」の宅配レンタルがおすすめ。

公式ページに移動したら「その他プランはコチラ」→「定額レンタル8」を選べばすぐに借りることができます。

基本は翌日に届きますし、返却もポストに投函するだけで送料も無料。

30日間無料体験」ができるので、お気軽に試してみてください。

ポイント

①無料でジブリ映画を観れるのはTSUTAYA DISCASだけ
②初回30日間無料体験ができる
③継続利用は月額933円~
④翌日到着、返却はポスト投函
⑤返却期限がないから安心

\TRY NOW/
TSUTAYA DISCASを無料体験する

かっぱ
かっぱ
無料体験中に解約すれば料金は一切かからない!

関連記事:>>ジブリ映画ランキング!最高に素敵な作品はコレだ!

 

※本ページの情報は2018年9月11日時点の情報となります。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。