Kindle

キンドルオアシスはセールで安くならない?コスパ重視なら選択肢は1つだけ

f:id:wagner1813:20180610091921p:plain
読者
読者
キンドルオアシスは欲しいけどやっぱり値段が高いなぁ。
でもキンドルで好きな読書を楽しみたいし…

こんにちは!Kindle端末を3台所有しているカッパ(@hiroeverything)です。

少し前に 【比較】Kindle3機種所有してわかった使用感を徹底レビュー という記事でも書きましたが、キンドルオアシスでの読書は控えめにいって最高。

でもやっぱり値段はお高め。せめて2万円台前半なら誰しもが即決のはず。

しかもオアシスは1年通してセールで安くならない。

なんでや!

おそらく売れ筋はペーパーホワイトなのでしょうね。

ペーパーホワイトも使った身からすると、機能性と値段のバランスが良いから。

オアシスと違って、年に何回か開催されるセールでさらに3000円ほど安く手に入りますし。

私はキンドルオアシスを主に使っていますが、「キンドルペーパーホワイトをセールで安く買う」のは選択肢として大いにアリ。

コスパ重視ならペーパーホワイト一択です!

そこでこの記事では、コスパ重視の方に向けて今一度キンドルペーパーホワイトのレビューをしてみたいと思います。

ペーパーホワイトならではの良さがわかると思うので、是非最後までのぞいてみてください!

↓ 最高の読書体験がしたいならオアシスしかないです。幸せになれます…

キンドルペーパーホワイトの良いところ3つ

かっぱ
かっぱ
キンドルペーパーホワイトの良さは「携帯性」、「軽さ」、「値段」に集約されます!

コンパクトで持ち歩きやすい

画面の大きさはキンドルオアシスが7インチなのに対し、キンドルペーパーホワイトは6インチと一回り小さめ。

f:id:wagner1813:20180610100831j:plain

私は大きい画面が欲しくてオアシスにしましたが、横幅が広いので携帯性は若干失われました。

キンドルペーパーホワイトはコートのポケットにも入るサイズですし、より手軽に持ち歩くならペーパーホワイトがベターかと思います。

ちなみに手に持つとこんな感じ。

f:id:wagner1813:20180610100812j:plain

ビジネス書で「固定レイアウト」の本だと文字が小さくて見にくい印象です。

ただそれ以外のビジネス書や、小説を中心に読む方はペーパーホワイトでも十分読めます。

ご自分の読むジャンルに合わせて選ぶと良いですね。

本体は十分軽い

キンドルペーパーホワイトは205グラム。

キンドルオアシスが194グラムなのでわずかに重いですが、感じる個人差はそれぞれかと思います。

ペーパーホワイトでも十分軽いのはたしかですし、なによりコンパクトなので不便さは感じません。

長時間の読書でも疲れないのでキンドルは非常に重宝します。

手頃な値段

キンドルペーパーホワイト最大の武器はコスパの良さ!

通常価格(Wi-Fi、キャンペーン情報なし)は15,200円ですが、例えば2018年6月17日まで開催中の父の日セールでは3,300円引きの11,980円。

正直このパフォーマンスで12,000円切るってめちゃお得だと思います。

私は父の日セール開始直前に買ったので後悔してます(笑)。

ちなみにキンドルは、広告表示がない「キャンペーン情報なし」の「Wi-Fi」モデルがオススメ。

いちいち広告を消すのは面倒です。

あと3G回線付きを選んで外でダウンロードしようと意気込んでも、下記の表示がある本が結構多い。

この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。

なんでやねん!

しかも3G回線付きだと2万円超えてくるので、せっかくのコスパが崩れ落ちます。

是非「キャンペーン情報なし、Wi-Fiモデル」を選んでみてください。

キンドルのセールは縮小傾向

過去1年間におけるキンドルのセール実績と、ペーパーホワイトの値引き額は下表の通りです。

セール開催期間 キンドル値引き額
Amazonプライムデー(2017/7/10~7/11) 7,300円
プレミアムフライデー
(2017/8/24~8/25)
7,000円
Kindle発売5周年記念
(2017/10/20~10/24)
7,300円
サイバーマンデー
(2017/12/8~12/11)
7,300円
タイムセール祭り
(2018/3/23~3/25)
2,500円
タイムセール祭り
(2018/4/23~4/25)
3,700円
母の日セール
(2018/5/11~5/13)
3,300円
父の日セール
(~2018/6/17)
3,300円
Amazonプライムデー
(2017/7/16~7/17)
6,300円

2018年に入ってからセールによる値引き額は縮小傾向にあります。

例えば母の日セールを見ると2017年5月はペーパーホワイトが6,300円引きでしたし、父の日セールでも2017年6月は7,000円引きでした。

キンドル以外のタブレット端末も増えてきているので、そのせいかもしれません。

セール自体いつかなくなる可能性もありますので、早めに購入しておくのが賢明かと思います。

キンドルペーパーホワイトはセールで買うべき

結論、コスパ重視の方は「キンドルペーパーホワイトをセールで買う」のが最良の選択かと思います。

キンドルオアシスに快適さの面で劣るところはあります。

しかし、機能性と値段のバランスを重視するならペーパーホワイトは非常に魅力的な商品で、セールも定期的に開催されます。

小説中心に読む方、少々文字が小さくても気にしないという方は、ペーパーホワイトがベストの選択になるでしょう。

キンドルを一度手にしたらもう手放せなくなります。

是非キンドルを持ち歩いて、思う存分好きな本に浸ってみてください!

キンドルを購入するならAmazonプライムに入るべき!

キンドルを購入しようと思っている方で、まだAmazonプライム会員になっていなければこの機会に入らないと損です!

プライム会員になると、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の中から好きな本を毎月1冊無料で読むことができます (無料体験でもOK)。

また映画見放題や音楽聴き放題、お急ぎ便無料など非常にお得。

利用料金は月単位だと月額400円、年単位だと年額3900円(月額325円)です。

30日間無料体験もやっているのでキンドルを使うなら登録しない手はありません。

Amazonプライム無料体験を始める