小説

「コンビニ人間」あらすじと感想【芥川賞なのに読みやすさ抜群】

コンビニ人間
読者
読者
芥川賞のコンビニ人間って面白い?

2016年に第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの「コンビニ人間」。

主人公はコンビニで18年間アルバイトしている36歳未婚女性(彼氏なし)です。

違う世界で生きる人たちはどのような見方をするのか?
自分の変化に対する周りの反応は?
最後に主人公はどう行動するのか?

社会の生き方が多様な現代だからこそ、大事な気づきを与えてくれる素晴らしい作品でした。この記事では、あらすじと読んだ感想を紹介します。

とても読みやすい文章であるのも本著の特徴。ストーリーに引き込まれていつの間にか読み終わっているような感覚です。

2時間ほどで読み終わってしまう小説なので気軽に手に取ってみてください。

コンビニ人間 (文春文庫) [ 村田 沙耶香 ]

created by Rinker

かっぱ
かっぱ
最後までネタバレはありません!

コンビニ人間 あらすじ

コンビニ人間あらすじ

「普通」とは何か?
現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作

36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。
日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、
「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。

「いらっしゃいませー!!」
お客様がたてる音に負けじと、今日も声を張り上げる。

ある日、婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は恥ずかしい、と突きつけられるが……。

引用元:文芸春秋BOOKS

主人公はコンビニバイトを生活の軸とする古倉恵子という女性。家族は幼い頃から恵子の異様さに気づいていて、早く「普通」になってほしいと願っています。

周りから心配されてもコンビニバイトに明け暮れる恵子。自分に対する周りの目には無意識にフタをして。

その均衡を破る存在となるのがアルバイトの新入り「白羽」。社会に対して不満を持ち独自の考え方をする白羽は、今まで穏やかに生活してきた恵子を強い言葉で攻撃します。

白羽という劇薬によって恵子はどのように変化するのか?

家族の反応は?バイト仲間の表情は?

読み終わった後に気持ちが熱くなるような素敵な小説です。

コンビニ人間 (文春文庫) [ 村田 沙耶香 ]

created by Rinker

コンビニ人間 感想

コンビニ人間の感想

文章が非常に読みやすい

芥川賞作品というと、つかみどころがなくて読みにくい印象が一般的。私が他の芥川賞作品を読んだときも、格調の高さゆえの読みづらさが少し気になりました。

しかし本著は最後までスラスラ読めます。

流暢な文体で会話シーンも多いため、集中を切らすことなく物語に浸れるのです。

1時間半~2時間ほどで読み切ってしまうでしょう。

恵子の生き方に共感できる

本著では恵子の考え方や立ち居振る舞いに共感できる部分が多くありました。年齢、性別、職業どれも異なりますが、その素直さはうらやましいと思うほど。

また会話シーンにおける言葉遣いがリアルで、人物のキャラクターを容易に想像できます。いい意味で読み手に休みを与えないですね。

時に強い言葉を使って感情をリアルに描いている

恵子と白羽、恵子と白羽の義理の妹との会話ではかなり強い言葉が使われています。

社会の屑、枯れる、捨てられる、存在価値がない、ムラの女、など。

怒りの感情や相手を卑下する気持ちが剥き出しになって表れるので、人によっては不快に感じることもあるかもしれません。

それでも社会に生きるリアルな声には圧倒され引き込まれます。

熱い気持ちになれる読後感

物語の大部分は暗い雰囲気が漂っていて主人公の生気も薄れていきます。

しかし最後になって主人公の強い決意が止めどなくあふれ出し、読み終わった後は「やっぱり大事なことはそれだよね」「自分と向き合って淡々と頑張ればいいんだな」と素直になれると思います。

モチベーションの向上とはまた違った類いの心境ですが、生きることに対して自信が持てたり熱くなれたりするはずです。

コンビニ人間の口コミ評判

コンビニ人間の評判「コンビニ人間」を読んだ人はどのような感想を抱くのでしょうか?

SNSの口コミをまとめてみました。


いまだ多くの人に読まれている本著は評判がよく、「普通とは?」という問いかけが読者の胸に刺さっています。

物語中盤のダークな雰囲気から「疲れる」「ちょっと重い」という声もあります。ただ個人的には最後で一気に開放されるので、その分少し我慢かなと。

一気読みすることで最大限魅力が発揮されるかもしれません。

コンビニ人間はこんな人におすすめ!

コンビニ人間まとめ
こんな人におすすめ!

周りの目が、生きることの障壁になっていると感じる人
今の仕事に対して自信が持てない人
社会に対してどこか閉塞感を持っている人
感情移入できる小説が読みたい人

「コンビニ人間」は日常にどこか窮屈さを感じている人に読んでほしい小説です。

周りの目が「普通」であることを強要しても、結局決めるのは自分自身。

「普通」という恐怖に支配される生き方が果たして本当に幸せなのか?

現代に生きる人へ投げかけたメッセージが、読了してもなお印象深く残っています。

コンビニ人間 (文春文庫) [ 村田 沙耶香 ]

created by Rinker

 

動画配信サービス選びに迷ったら?
VODランキング

当サイトでは、さまざまなVODを実際に使ってみた経験から、おすすめの動画配信サービスをランキング形式で紹介しています。
また各VODの詳細ページでは、ラインナップや利用するメリット・デメリットなども詳しく解説していますので、ぜひ一度チェックしてみてください!

動画配信サービス総合ランキングへ