アニメ

アニメ「約束のネバーランド」第2話ネタバレ感想考察【家族全員での脱獄を決意】

約束のネバーランド考察
第2話をいますぐ観る

読者
読者
約束のネバーランド第2話ってどんな内容?

衝撃の第1話から、はや1週間。

あわせて読みたい
約束のネバーランド感想
アニメ「約束のネバーランド」第1話ネタバレ感想考察【GFハウスの秘密とは?】 第1話をいますぐ観る いよいよ「約束のネバーランド」のアニメがスタートしました! 原作の漫画も面白いですが、アニメ...

第2話はエマとノーマンの会話を中心に展開されました。

この記事では、アニメ「約束のネバーランド」第2話のあらすじとネタバレ感想および考察を紹介します。

なお「約束のネバーランド」はAmazonプライムビデオで独占配信中なので、見逃した人やまだ観ていない人は早速ご覧ください。30日間無料体験ができます。
Amazonプライムビデオを無料体験する

かっぱ
かっぱ
無料体験中に解約すれば料金は一切かからない!

関連記事:>>約束のネバーランドが見放題のAmazonプライムビデオを徹底解説!

約束のネバーランド 第1話の復習

はじめに第1話のおさらいをしましょう。

GFハウスは孤児院ではなく食用人肉の生産施設だった
6歳のコニーは高級品として出荷された
“ママ”と慕われていたイザベラは敵だった

前半の幸せな風景から一転、ハウスの秘密を知ったエマとノーマンはどん底に突き落とされます。

そしてママと慕っていたイザベラは、自分たちの監視役。つまり敵だったのです。

約束のネバーランド 第2話あらすじ

突然終わりを告げた、グレイス=フィールドハウスの幸せな日常。ハウスは農園。子どもたちは、鬼に飼われる食用人間。大好きだったママは子どもたちの監視役。「これ以上、家族が死ぬのは嫌だ…!」そう願ったエマ達は、日常に潜んでいたあらゆる意図を解き明かしていく。鬼vs子ども、命をかけた脱獄計画が始まる
引用元:Amazonプライムビデオ

第2話はGFハウスからの脱獄を決意したエマとノーマンが準備を始めます。

しかし常に目を光らせているママ。

すでにスタートしたママとの心理戦に、思わず息をひそめてしまいました。

約束のネバーランド 第2話の登場人物

エマ(声:諸星すみれ)
物語の主人公。抜群の運動神経と高い学習能力を持った女の子

ノーマン(声:内田真礼)
GFハウス1の天才。優れた分析力と冷静な判断力を備える

レイ(声:伊瀬茉莉也)
唯一ノーマンと互角に戦える知恵者

イザベラ(声:甲斐田裕子)
子どもたちから愛されるGFハウスのママ

クローネ(声:藤田奈央)
イザベラの補佐としてハウスに入ってくる

約束のネバーランド 第2話のネタバレ感想考察


それでは第2話のネタバレ感想を紹介します。物語に沿って見ていきましょう。

ママに気づかれないよう平静を装うエマとノーマン

コニーの死体を目撃した翌朝、ノーマンはおびえるエマに対し笑うよう言います。

ママにバレたら終わり…

2人は共通認識のもと、あくまで普段通りふるまうのでした。

わずか11歳にして大人以上の落ち着きを見せるノーマン、すごすぎです。

次の出荷は最短2ヶ月後

エマとノーマンの会話。天才であるノーマンの推理が展開されます。

6歳以降、テストの成績が悪い順に出荷される
12歳フルスコアが最高級品
これまでの出荷周期から計算すると次は2ヶ月後

12歳フルスコアなのは、エマ、ノーマン、レイの3人だけ。

この3人だけは他の子どもたちとは違う別格なのでした。

鬼は人間の脳が美味しい

食用人間を飼育することが目的のGFハウス。

鬼がなによりも好むのは「人間の脳」だとノーマンは考えます。

そして、必死にテストをさせているのは脳を発達させるため。

約束のネバーランド勉強中
引用元:約束のネバーランド1巻

第1話で垣間見えた異様な一コマに、納得できる瞬間でした。

脱出は森の奥にある塀から

GFハウスは一方を門、周りを森に囲まれています。

ハウスの全景
引用元:約束のネバーランド1巻

出荷の時以外に閉まっている門から脱獄するのは不可能だとして、エマとノーマンは森からの出口を探すことに。

そこで見つけたのが森の奥にある塀でした。

ハウスの塀
引用元:約束のネバーランド1巻

塀自体は高いものの、ロープ1本あれば登れると確信したエマ。

脱獄への希望を見つけた2人からは、お互いに励まし合う優しさと勇気がうかがえます。

子どもたちには発信器が付けられている

点呼の時間にいなくなったナイラ。

しかしママは一切動じず、懐中時計を開くとすぐにナイラを連れてきました。

その一部始終を見ていたエマとノーマンは、自分たちの体に発信器が付けられていることを確信します。

発信器
引用元:約束のネバーランド1巻

そして全員の前で見せたママの動作は、コニーの死体を見た誰かへの宣戦布告。

どこにいてもママの監視からは逃れられない絶望感が、エマとノーマンの表情を支配するのでした。

レイに話し、家族全員での脱獄を決意する

仲が良く博識のレイにすべてを打ち明けるエマとノーマン。

子どもたち全員での脱獄を目指すエマに対し、レイは突き付けます。

「外に待つのは鬼の社会だ。人間の生きる場所なんて最悪どこにもないんだよ。」

しかし食い下がるエマ。

「ないならつくろうよ外に。人間の生きる場所。変えようよ世界。」

ノーマンの説得もあり、家族全員での脱獄を決意するのでした。

エマはどんなに苦しい状況でも妥協しません。可能性が1%でもあるのなら挑戦しようとするエマの姿勢は、「約束のネバーランド」のエッセンスとも言えますね。

クローネの登場

クローネ第2話の最後には、イザベラの補佐役としてクローネが登場。

ママだけなら出し抜けると思っていたエマたちに、大きな壁が立ちはだかります。

このクローネ、実はなかなかの曲者。第3話以降、重要な役割を果たすことでしょう。

約束のネバーランド 第2話の口コミ評判

約束のネバーランド約束のネバーランド第2話を見た人はどのような感想を持ったのでしょうか?

SNSの口コミをまとめてみました。


多くの口コミにあるように、第2話はエマとノーマンによる頭脳戦が繰り広げられました。

しかしその上をゆくイザベラ。

ストーリー展開もさることながら、作画の緻密さが素晴らしいのでグイグイ引き込まれてしまいます。

約束のネバーランド 第2話まとめ

最後に第2話のポイントをまとめておきます。

エマたちは家族全員での脱獄を決意する
脱出は森の奥の塀から
子どもたちには発信器が付けられている
クローネが来て「大人」が2人に

第3話のネタバレ感想は下記ページをご覧ください。

あわせて読みたい
約束のネバーランド3話感想
アニメ「約束のネバーランド」第3話ネタバレ感想考察【クローネの顔面が怖すぎ】 第3話をいますぐ観る エマたち3人とママの心理戦が始まった前回。 https://www.everythingma...

「約束のネバーランド」の見逃し配信はこちらからどうぞ。
Amazonプライムビデオを無料体験する

また約束のネバーランド第2話は漫画1巻の序盤です。早くつづきが知りたい人、原作も楽しみたい人は以下から購入できます。