お笑い

流れ星の単独ライブ2018「流星乱舞」が面白すぎた【内容と感想】

流れ星単独ライブ
こんにちは!かっぱです。

2018年9月17日に、全国14カ所を回ってきた「流れ星」単独ライブツアーの千秋楽、東京公演を観に行ってきました。

流れ星のライブは初めて行きましたが、めちゃくちゃ面白かったですね!

ちゅうえいさんのギャグなんて、もはや職人の域。

瀧上さんは、なぜかブチギレてる…(笑)。

2時間半の長丁場でしたが、最後まで飽きさせることなく上手に設計していたのは流石だな~って思いました。

この記事では、テンションの赴くままにライブの流れに沿った感想を伝えていきます。

なおネタの詳しい解説やオチは話しませんが、結構ネタバレしています。ご注意ください。

それでは早速いきましょう!

流れ星ライブ 開演前

流れ星単独ライブの看板
千秋楽が行われたのは東京有楽町にあるヒューリックホール東京。

収容人数900人と、お笑いライブではかなり大きいキャパですね。

開場とほぼ同時に入ると、すでにたくさんのお客さんが!チケットも完売しているので大盛況です。

ロビーには花も飾られていて、小島よしおさんのもありました。

小島よしおの花
グッズもTシャツやタオル、キキララコラボグッズなど販売されていましたが、とりあえずいいかな~とスルーして自分の席に着席。

制作席だったので端っこでしたが、前から2列目だったので臨場感はびんびんでした!

そして15時に開演!

流れ星ライブ 流星乱舞

前説 ジュウジマル

流れ星の後輩芸人「ジュウジマル」が前説。

お客さんも声を出しながら、掛け声や手拍子を確認してスタンバイします。

会場にいたお客さんは女性が多めで、若い方からおばさままで幅広かったですね。

また、流れ星のライブが初めての人が7割くらいでした!

オープニング映像 盆踊りバージョン

いつもはディスコ風(?)らしいオープニングが、今年は盆踊りバージョン。

金色の浴衣をまとったちゅうえいさんがギャグを連発して、お客さんが復唱するというスタイルで早速盛り上がりました。

1つ目のネタにつながる伏線もあって、本当に構成が上手。

ネタ① 自己紹介・祝辞

いよいよ流れ星の二人が登場して漫才がスタートです。

最初はこれまで回ってきた公演の振り返りと、瀧上さんのポンコツエピソード。

瀧上さんが革靴忘れちゃったり、打ち上げのお店のトイレサンダルでホテルまで帰ってきちゃったり。

小話で暖めて、1つ目のネタが「祝辞」。

結婚式の祝辞を友人代表として流れ星が述べるというものです。

これはほぼちゅうえいさんの1人ネタですが、「ハッピーゲーム」というゲーム系ギャグでめちゃめちゃ笑いましたね。

どういうゲームなんだろう?というワクワクの遥か上を行く凄さ。

次の期待値が爆上がりです。

幕間① 協賛企業探しの旅

ネタの間に流れる幕間映像は「協賛企業を自分で探して獲得する」というもの。次の幕間に続く形式で少しずつ展開されていきます。

どんな企業にお願いするか?

と二人が思いついたのは、星関連の企業。

ひらめいた企業に次々と電話をしていき、訪問のアポを取ります。

二人が企業に電話する姿が新鮮で面白く、ちゅうえいさんを散々バカにしていた瀧上さんの電話がめちゃめちゃ下手(笑)。

なんとか数社の企業にアポが取れたようです。

ネタ② 関ケ原ウォーランド

関ケ原ウォーランド
出典:https://grapee.jp/

岐阜県の観光大使でもある流れ星による、岐阜観光スポットネタ。

関ケ原ウォーランド」という、関ケ原の戦いが繰り広げられた地に200体の等身大コンクリート像が設置されたスポットをちゅうえいさんがひたすらイジリ倒します。

おそらく上の写真だけでも面白さが伝わると思いますが、ちゅうえいさんがギャグを交えながら話すのでもう笑いをこらえるので必死です。

改めて写真を見ると行かないな~って思っても、ちゅうえいさんの話を聴いてると絶対行きたい!とすら考えてましたね。

歴史は好きなので、今度下呂温泉とセットで行ってみようかな!

「ノーモア関ケ原合戦じゃ!」

これ好き。

幕間② タミヤのミニ四駆大会に出場


まず協賛企業候補として訪れたのは、ミニ四駆で有名の「タミヤ」。

ミニ四駆をショップで購入し組み立てて即座に大会に出場します。

瀧上さんは1回戦敗退。

ちゅうえいさんは2回戦まで進みましたが、あえなく敗退。

それでも広報担当の人に挨拶できたお二人。

さらにその場にいた富士通電池の人とも接触し大満足の様子!

大会中一切ギャグを披露できなかったちゅうえいさんの弱々しい姿が面白すぎです。

ネタ③ ギャグ屋

ちゅうえいさんが「ギャグ屋」というお店をやっていてお客さんの瀧上さんにギャグを披露し続けるというネタ。

ギャグの宝庫ちゅうえいさんが、これでもかというほどギャグを連発します。

一体何個やったんでしょう?このネタだけでも30個くらいかな。

ただギャグをやるだけではなく、会場にいる本当のお客さんの反応で、季節もののジャッジをしていきます。

でもほとんどが夏でした(笑)!個人的には全部面白かったんですけど。

ちゅうえいさんのアドリブも存分に発揮されて終始笑いっぱなし!

幕間③ バンダイを訪問

カピバラさん
出典:https://tryworks.jp/

ちゅうえいさんいわく、ガンダムギャグでズブズブの関係だと豪語する「バンダイ」を訪れます。

そこでは「カピバラさん」をアピールしてほしいとの依頼が!

カピバラさんのぬいぐるみで即興ギャグを披露しますが、不発の連続。

しかし、最後に渾身の一撃が待っていました。

多分、幕間映像の中では1番笑いましたね。

他のお客さんも爆笑で、本編のネタ含めてもこれが最大だったんじゃないかっていうくらい!

DVDが発売されたら是非観てほしいです。

ネタ④ ちゅうえいイライラ棒

ちゅうえいさんの体をイライラ棒のレールと見立てて、瀧上さんがゲームに挑戦するというネタ。

私はこのネタが1番笑いましたし大好きでした。

話の流れは大体予想がつくのですが、ちゅうえいさんのギャグがやっぱり面白いので、期待を大きく超えてきます。

そして怒涛のクライマックスが圧巻。

二人が舞台を縦横無尽に駆け巡りながら、ちゅうえいさんはお馴染みのギャグを連発します。

困り果てた瀧上さんも面白いし、オチも秀逸。

もう一回観たい!

幕間④ 興和を訪問

バンテリンサポーター
出典:https://hc.kowa.co.jp/

なんと「肘神様」つながりで「興和」を訪れたお二人。

バンテリンサポーターのアピール依頼があり、とりあえずサポーターを全身のあらゆる部位に装着するちゅうえいさん。

そしてここでもギャグが炸裂!

めちゃめちゃ面白いですね。全体通して2番目に大きい爆笑だったのではないでしょうか(笑)。

ネタ⑤ 瀧上さんがひたすらキレるやつ

5つ目は、瀧上さんがちゅうえいさんへの不満を爆発させるという自虐ネタ。

ちゅうえいさんが人気すぎて存在が忘れ去られているという瀧上さんは、ネタのほとんどを自分が作っていると言い張ります。

そしてお客さんに好きなギャグは?と問いかけるわけですね。

でもあろうことか、ちゅうえいさんが作ったギャグしか答えてくれません。

やっと瀧上さんの作ったギャグが出てきたあたりで、暴走開始。

もうお客さんが引くくらいキレまくります(笑)。

汗を振り乱して荒ぶる瀧上さんが見れたので、個人的には面白かったです!

幕間⑤ ベースコントロールを訪問

ベースコントロールの帽子
出典:https://edepart.omni7.jp/

流れ星の二人が最後に訪れたのは、アパレルブランドの「ベースコントロール」。

瀧上さんが好きなブランドらしいのですが、会議が進むごとに浅はかな知識が露呈します。

でもちゅうえいさんのおかげもあり、何とか帽子でコラボすることが決定!

長かった協賛企業探しの旅はハッピーエンドで幕を閉じます。

ネタ⑥ ちゅうえいトーク

舞浜方面の某テーマパークの人気アトラクションになぞらえた「ちゅうえいトーク」というのがライブ最後のネタ。

アトラクションの主であるちゅうえいさんに対し、キャストの瀧上さんが無茶ぶりを発動します。

会場のお客さんから質問やお題をもらい、すべて即興でネタにするという構成。

ちゅうえい死んじゃうんじゃないかっていうくらいギャグやりまくっていました。しかもほぼスベってるし。

たまにウケるけど、瀧上さんが終わらせてくれないんですね。千秋楽なので。

ほぼアドリブで展開したであろう、最後のネタに皆さん大爆笑でした!

協賛企業からのプレゼント

ライブの最後に、お二人が協賛企業から獲得したグッズの抽選がありました。

・ミニ四駆と富士通電池のセット…5名
・カピバラさんのぬいぐるみ…8名
・ベースコントロールのコラボ帽子…計3名

残念ながら当たりませんでしたが、当たった人は嬉しいですね。良い記念になるはず。

そして千秋楽ということもあり、特別に写真撮影が許可されました。

端っこだったので綺麗には撮れませんでしたが、素敵な思い出となりました!

流れ星ライブ まとめ


初めて流れ星のライブに行った感想としては大満足です!

ちゅうえいさんのギャグが一人歩きせず、非常に上手く漫才に昇華させていましたね。

ギャグも爆笑ものからシュール系まで、ちょうど良いタイミングで放ってくるので気持ちよく笑えます。この辺りはさすが職人技だなと。

2時間半という長さも気になることなく没頭できたので、終始幸せな時間でした。

来年の単独ライブも行きたい!次こそ発売初日にチケット取るぞ!