アクション

映画「インクレディブル・ハルク」のあらすじ・ネタバレ感想【マーベル第2作目】

インクレディブル・ハルク
\インクレディブル・ハルクが見放題!/
Huluを無料体験する

読者
読者
インクレディブル・ハルクの見どころや感想が知りたい!

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)第2作目となる「インクレディブル・ハルク」。

不慮の事故でモンスターと化した主人公ブルースの苦悩が見逃せない作品です。

この記事では、「インクレディブル・ハルク」のあらすじ、ネタバレ感想を紹介するので、参考にしてみてください。

なおインクレディブル・ハルクが見放題の動画配信サービスは以下の3つです。

サービス名 月額料金 作品数 画質
huluロゴ 933円 5万本 フルHD/HD
U-NEXTロゴ 1,990円 14万本 フルHD/HD
dtvのロゴ 500円 12万本 HD/SD

単純に1番安く視聴するなら「dTV」ですが、おすすめは筆者も2年以上愛用している「Hulu」。

Huluならインクレディブル・ハルクのほかに「アイアンマン」や「マーベル・ランナウェイズ」も見放題です。

2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

Huluの魅力

①「インクレディブル・ハルク」が見放題
②月額933円で5万本以上が見放題
③2週間無料体験ができる

Hulu公式サイトへ
Huluを無料体験する

かっぱ
かっぱ
無料体験中に解約すれば料金は一切かからない!

関連記事:>>おすすめ動画配信サービスランキングTOP10!【徹底比較】

「インクレディブル・ハルク」 あらすじと登場人物

登場人物

ブルース・バナー
天才生物学者。不慮の事故で大量のガンマ線を浴び、心拍数が200を超えると緑のモンスターに変身する体質となってしまう。

エリザベス・ベティ・ロス
細胞生物学者でブルースの恋人。ブルースが初めて巨大化した際に重傷を負うが今は回復している。

エミル・ブロンスキー
ロシア生まれ英国育ちの兵士。ロス将軍に招集された精鋭部隊の中でも最強と称される。

サディアス・ロス将軍
アメリカ陸軍将軍。5年前にスーパーソルジャー計画を再開させた責任者であり、ブルースを「ハルク」にさせた失敗を隠蔽するため行方を追っている。

アメリカ陸軍からの依頼で人体への放射線抵抗を研究していたブルースは、ある日実験中に大量のガンマ線を浴びてしまう。

突如として巨大化したブルース。あろうことか共同研究者で恋人のベティにけがを負わせる結果に。

心拍数が200を超えると緑色のモンスターに変身する体質に苦悩しながら、ブルースはリオデジャネイロに潜伏。武道家から感情をコントロールする技術を学びつつ、工場で働き生計を立てていた。

そんなブルースのもとに、ロス将軍率いる特殊部隊が捕獲のため強襲する。

「インクレディブル・ハルク」 ネタバレ解説

ハルクの姿
引用元:Hulu公式サイト

ベティとの再会

ブルースは心拍数が200を超えないよう逃げ続けたが、追い詰められた末に巨大化。緑色の「ハルク」となって追手を蹴散らすのであった。

ハルクとの闘いで唯一生き残った精鋭ブロンスキーは、リベンジするため自らも兵士強化実験を志願する。

元の体に戻ったブルースは研究データを求めてカルバー大学に潜入し、かつての恋人ベティ・ロスと再会する。ベティにはすでに恋人もいたが、ブルースへの想いを捨てられず協力することに。

しかし大学の敷地内でブロンスキーら特殊部隊にまたしても奇襲をかけられ、絶体絶命の状態に。ブルースはハルクとなり、肉体強化したブロンスキーと対峙し勝利した。

ミスター・ブルーの実験

現場から逃げてきたブルースとベティは、「ミスター・ブルー」と名乗る協力者サミュエル・スターンズのもとを訪れる。サミュエルのおかげで肉体を取り戻したブルースだったが、再度現れた特殊部隊により拘束されてしまう。

だがブルースがヘリで移送される途中、街中でハルクが暴れているとの情報が!

「ありえない」と言うロス将軍だったが、その姿はたしかにハルク…。暴れているハルクとは、サミュエルを脅しブルースの血液を取り込んだブロンスキーだったのである。

アボミネーションとの死闘

自分でないと倒せないと悟ったブルースは自らの意志でハルクとなり、ブロンスキーの巨大化した姿「アボミネーション」と最後の対決を繰り広げる。

激闘の末、なんとかアボミネーションを沈黙させたブルース。闘いを終えたブルースは再び姿を消すのであった…。

エピローグ。一連の事件の責任を取らされ、バーで酔いつぶれているロス将軍。

そんな彼のもとに、トニー・スタークが訪ねてくる。そしてトニーはこう放った。

「我々はチームを編成中だ。」

「インクレディブル・ハルク」 感想と見どころ

アベンジャーズ以降は降板となる主演エドワード・ノートンの好演

ブルースを演じたエドワード・ノートンは「アベンジャーズ」以降は降板となってしまいます。彼の演技を堪能できるのは本作「インクレディブル・ハルク」のみですね。

劇中でブルースは何度も自らの存在に苦悩します。

特にハルクから戻った人間の姿のときの悲壮感は「凄い」の一言。消耗した肉体と生気を失ったような表情は、エドワード・ノートンの本気すらうかがえます。

それでもブルースは「生きること」を決してやめません。普通なら自ら命を絶ってもおかしくないのに、生きる道を模索しつづける姿は印象的でした。

「インクレディブル・ハルク」はどこか勇気を与えてくれる、素晴らしい映画です。

クライマックスの激闘に引き込まれる

本作の1番の見どころは、やはりクライマックスでアボミネーションと対決するシーンでしょう。

アボミネーションによる街の破壊がまず凄まじいです。車を遠投のごとく投げ飛ばしたり、特殊部隊のロケットランチャーにも無傷だったりと、まさに無敵状態。

そこで対峙するのがハルクです。パワーはアボミネーションの方が上手で、追い込まれてしまいますが、最後のハルクは「自分の意志」を持っています。

そしてアボミネーションを殺しかけたところで、ベティの声を聞くわけです。ハルクでありながら、ブルースとしての意志を貫いた瞬間でした。

MCU作品全体では少し地味な存在

個人的に「インクレディブル・ハルク」は好きですが、前作「アイアンマン」に比べると華やかさがなく地味な印象はぬぐえません。

ヒーローが「ハルク」なので仕方がない気もしますが…。

また全体的に暗い雰囲気が漂っているので、観終わるまで少し体力がいりますね。他の作品は観なおすことがあるのですが、「インクレディブル・ハルク」は後手に回ることも。

それでもブルースの苦悩とハルクの死闘が充実した「インクレディブル・ハルク」は面白いです。

「インクレディブル・ハルク」 口コミ評判まとめ


他のマーベル映画に比べると人気は劣りますが、ストーリーはよく練られていて面白いです。

ブルースの苦悩と葛藤、ベティの可愛さなど、見どころは尽きません!

「インクレディブル・ハルク」が見放題の動画配信サービスは?

サービス名 月額料金 作品数 画質
huluロゴ 933円 5万本 フルHD/HD
U-NEXTロゴ 1,990円 14万本 フルHD/HD
dtvのロゴ 500円 12万本 HD/SD

単純に1番安く視聴するなら「dTV」ですが、おすすめは筆者も2年以上愛用している「Hulu」。

Huluならインクレディブル・ハルクのほかに「アイアンマン」や「マーベル・ランナウェイズ」も見放題です。

2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

Huluの魅力

①「インクレディブル・ハルク」が見放題
②月額933円で5万本以上が見放題
③2週間無料体験ができる

Hulu公式サイトへ
Huluを無料体験する

かっぱ
かっぱ
無料体験中に解約すれば料金は一切かからない!

関連記事:>>おすすめ動画配信サービスランキングTOP10!【徹底比較】

動画配信サービス選びに迷ったら?
VODランキング

当サイトでは、さまざまなVODを実際に使ってみた経験から、おすすめの動画配信サービスをランキング形式で紹介しています。
また各VODの詳細ページでは、ラインナップや利用するメリット・デメリットなども詳しく解説していますので、ぜひ一度チェックしてみてください!

動画配信サービス総合ランキングへ