ブログ

【2018年4月版】写真や動画満載ブログでもGoogleアドセンス審査に受かった話

f:id:wagner1813:20180421122046j:image

こんにちは、ヒロです!

はてなブログを開設して約3週間経ち、写真や動画満載で不安だったものの、先日第一の壁であるGoogleアドセンスに無事一発合格したのでそのお話です。

これからGoogleアドセンスに申請しようとしている方に向けて、当ブログの審査通過時の情報をお伝えします。

少しでも参考になれば幸いです。

Googleアドセンス申請から審査通過までの時系列

【4月1日】

はてなブログPRO開設

【4月17日21時頃】

Googleアドセンス申請(記事数17)

【4月19日15時頃】

Googleアドセンス審査通過(記事数19)

ざっとこのような感じでした。

記事は毎日か、2日に1度投稿しGoogleアドセンス申請時の記事数は17本でした。審査中も投稿は続け、通過時の記事数は19本でした。

記事の文字数は少ないもので1500文字程度、長いものは4000文字程度でしたが、大体平均すると2000文字〜3000文字といったところですね。

いつも2000文字は書きたいなと思っています。

写真や動画満載でも通過できた

私もGoogleアドセンス審査については、記事を色々と読み漁りましたが、皆さん結構言っていたのが、「写真を載せているけど、フリー画像だけにしていた」とか、「映画記事で載せる動画はYouTubeの配給元公式のものだけ」とかだったので、かなり不安になりました。

というのも、私はその時既にフリー画像や配給元公式動画以外の写真・動画を使用して記事を書いていたからです。

ちなみに、それらの記事がこちらです。

ただ、何も考えずに使いたい写真や動画を載せていたわけではありません。

まず、フリー画像以外の写真を使う時は出典(引用元)」を明記しました。

例えば、記事を書いている今、カレーが無性に食べたいので、バーモントカレーの写真を載せるとします。

f:id:wagner1813:20180420190542j:image

出典:http://housefoods.jp/products/

バーモントカレーって子どもの時よく食べましたよね。よだれが出てきました。すみません。

このように写真のすぐ下に「出典」と引用元のURLを貼っておきます。

引用元は、他の人が書いたブログ等で使用されている写真だと、二重引用になってしまうので、必ず掲載元(上記の場合はハウス食品公式HP)から引用して下さい。Amazonなどでも大丈夫です。

動画は映画関連記事を書くときにYouTubeから動画を引っ張ってきました。これも映画予告編の動画を載せる場合、なるべく配給元公式動画にした方が良いです。映画ブログのベテランの方々を見てみると非常に参考になります。

基本的には公式動画を使うわけですが、私は「バナナマンのコント記事」を書いた時に、YouTubeに公式動画が無かったので悩みました。

記事投稿を諦めかけましたが、結局個人の方がアップロードしている動画を載せました。ただ一点気をつけたのは、アップロードされていて長時間経過している動画を選んだことです。

例えばテレビの録画を違法アップロードしたものは当然NGでYouTubeの運営側がすぐに削除します。そうでない動画でかつアップロードしてから長時間経過しているものを止むを得ず使用したという具合です。

著作権的にはグレーゾーンなのかもしれませんが、Googleアドセンスの審査には通過しました。

以上まとめると、

・フリー画像以外の写真を使用する時は、掲載元から引用し出典を明記する

・動画は基本的に公式動画を使用する。止むを得ない時はアップロードから長時間経過しているものを選ぶ。

という感じです。

その他申請前に行ったこと

その他、申請前に行ったことは以下の通り。

・プライバシーポリシーの設置

・プロフィールページの作成

・お問い合わせフォームの設置

特にプライバシーポリシーの設置は必須要件ですね。調べてみると、申請後にプライバシーポリシーを設置した方もいましたが、Googleアドセンス申請を考え始めたら事前に設置しておきましょう。

私は、はてなブログの固定ページにプライバシーポリシーを記載しました。

プロフィールページの作成はGoogleアドセンスの審査に影響するかは不明ですが、ブログのインフラ整備として作成しておいた方がいいです。

ちなみに、私のプロフィールはこちらです。

最後にお問い合わせフォームも簡単だったので固定ページにて設置しました。

今回の記事では、私の例をもとに写真・動画満載でもGoogleアドセンス審査には通過できることをお伝えしました。

記事を書く上では、写真や動画はどうしても必要になってくるので、ルールを守ればそこまで神経質にならなくても良いと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までありがとうございました。

宜しければ読者登録もお願いします^ ^